Eclipce を使用した簡単な JSP の作成
技術情報 TOP へ

本ページでの使用環境
OS:Windows XP SP 2
Java:JDK 5.0 UPDATE 8
Tomcat:5.0.28
Eclipse:3.1.1
ここでは、JDK 5.0 UPDATE 8 、Tocmat 5.0.28 、Eclipse 3.1.1 及び Eclipse に Tomcat プラグインがインストールされていることを前提として説明いたします。 これらのインストールについては下記のページを参照ください。

JDK のインストール -Windows 編-

Eclipce 3.1.1 のインストール -Windows 編 -
* ここでは C:\eclipse に Eclipse をインストールした前提とします。

Tomcat 5.0.* 系のインストール -Windows 編 ( exe , zip ファイル ) -
* ここでは exe ファイルを使用して C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.0 に Tomcat をインストールした前提とします。
( zip ファイルを使用してインストールした場合も本ページの手順で作成可能です。 )

Eclipse 3.1.1 の Tomcat プラグイン導入

また、下記のページで Eclipse の [ Tomcat プロジェクト ] である 「HelloWebApp」プロジェクトが作成されていることを 前提としますので、下記のページを参考に「HelloWebApp」プロジェクトを作成してください。

Eclipce を使用して簡単な Java サーブレットの作成

( 1 ) 新規 JSP の作成

Eclipse を起動します。

左側の [ パッケージ・エクスプローラー ] の 「HelloWebApp」プロジェクトを選択し、 [ 新規作成 ] - [ ファイル ] をクリックします。

* ここでは、コンテキストパス 「 HelloWebApp 」の直下に JSP を作成します




以下の[ 新規 ファイル ] 画面が表示されますので、 [ ファイル名 ]「 Hello.jsp 」を入力し、[ 終了 ] ボタンをクリックします。

* ここでは、コンテキストパス 「 HelloWebApp 」の直下に JSP を作成しますので、「 HelloWebApp 」が選択されている状態で[ 終了 ] ボタンをクリックします。



左側の「パッケージエクスプローラー」で「 HelloWebApp 」の直下に Hello.jsp が作成されているのが確認できます。 この状態で Hello.jsp は編集可能となります。


Hello.jsp に以下のプログラムを記述します。
ファイル名:Hello.jsp
<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>
<html>
<head>
<title>Hello! JSP</title>
</head>
<body>
<%
    String item = "Hello JSP!";
%>
<h2>
<%=item%>
<h2/>
</body>
</html>

上記の Hello.jsp の簡単な解説

簡単な HTML の中に スクリプトレット ( <% 及び %> ) で囲った Java プログラムを記述しています。 変数 item に格納された文字列 ( 上記では Hello JSP! ) を表示するだけの簡単な JSP です。

・<% と %> に囲まれた範囲は Java プログラムとして扱われます。

・<% =item %> は String 型変数を出力します。

上記から、「 http://サーバ名:8080/HelloWebApp/Hello.jsp 」という URL にブラウザでアクセスした場合、 Hello.jsp が実行されブラウザに 「 Hello JSP! 」 が表示されます。

上記の Hello.jsp の設定内容を記述もしくはコピーして貼り付け [ 保存 ] します。

( 2 ) 動作確認

Tomcat を起動します。 コンソールに「Server startup」が表示され、 Tomcat が正常に起動されたことを確認します。

下記のアドレスにブラウザでアクセスします。
< http://localhost:8080/HelloWebApp/Hello.jsp >

以下の画面が表示されれば成功です。

初回アクセス時は表示されるまでに少し時間がかかります。これは JSP がまだ Java サーブレットへの変換及びコンパイルされていない状態であれば、 実行時に Java サーブレットへの変換及びコンパイルが行われることが原因です。 2 回目以降のアクセスで JSP が変更されていない状態であれば Java サーブレットへの変換及びコンパイルは、 行われませんので初回よりも表示は速くなります。



以下は Hello.jsp は Java サーブレット ( Hello_jsp.java ) への変換及びコンパイル ( Hello_jsp.class ) されたファイルです。 JSP はこのように Java サーブレットへ変換、コンパイルされて実行されます。
( 上述のとおり、Java サーブレットへ変換、コンパイルは初回アクセス時のみ行われます。 )



技術情報 TOP へ


Google
WWW を検索 whitemark.co.jp を検索
[ 株式会社ホワイトマーク TOP ]   [ 免責事項 ]

Copyright © 2006 by WhiteMark, All rights Reserved. Last Modified: 2006/05